幻想のかけら

オリジナル小説を書いています。現在、「魔法使いの息子」というタイトルで掲載中。

はじめに

こんにちは。ぶぶのんと申します。

オリジナル小説「魔法使いの息子」を書いています。

この物語は、父親を殺された息子が、
復讐心からその真犯人を追い求めていく過程で、
神々によって隠蔽されていた様々な真実に出会っていく、
という内容になっています。

この物語を最初から読みたい人は、
魔法使いの息子:第1話「全てを失って」
からお読みください。

構想自体はあるものの、
それをどこまで書ききれるかわかりませんが、
最後までお付き合いいただくと幸いです。
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

魔法使いの息子:第34話「セゼルスの戦い方」

実技試験の時間になり、トレイとセゼルスはサリーエルの執務室に顔を出した後、
試験を行う部屋に行った。今回は助手2人控えていた。そのうちの1人はジョージが話しかけてきた。

「今回も精霊を用いるが、安全のため前回の時よりも攻撃力の弱い精霊を用意した。
 私以外のもう1人の助手は、治療師だ。万が一のこともあって、同じことは繰り返さないように、
 今後は、この体制で試験を行うことになったのでね。」

目の前に浮かぶ精霊は前回と似て暗い紫色をした球体。ただ、前回のような赤色の火花は浮かんでいなかった。
この処置は正直ありがたい、とトレイは思った。トレイはサリーエルを信頼できなかったし、
こうして安全策が講じられている状態であれば、前回のような危険な目にはあわずにすみそうだと思った。

「トレイ。私はサポート役に徹しようと思っているのだけれど。
 基本的には距離をとって、防御系や援護系の魔法を中心に使おうと思っているけど、
 それで問題ない?」

セゼルスがこちらを見て、戦いの方針を訪ねてきた。

「ああ、それで構わない。攻撃はオレが中心になって行う。
 セゼルスも状況に応じて、攻撃に参加してくれ。攻撃への切り替えの判断は任せる。」

セゼルスが軽くうなずく。

「2人とも準備はよさそうだね。」

ジョージはそう言って、サリーエルの方を見ると、サリーエルが号令をかけた。

「では、始め!」

セゼルスが軽くバックステップを踏んで精霊との距離をとりながら、防御用呪文を唱え透明な魔力でできた盾を目の前に出現させる。
オレはとりあえず精霊の動きを観察しながら、とりあえず風魔法を素早く唱えて、精霊に向かって風の刃を飛ばす。

前回と同じく精霊の姿が消える。それと同時にオレは視力強化の魔法を唱える。やはり、そうだ。
自分自身の姿を透明化して精霊は動いていた。透明化していても、視力強化の恩恵で精霊のいる場所が多少歪んで見えることで、
ぎりぎりいる位置がわかった。精霊はオレの背後に回ろうとしていた。
振り返って、防御用呪文を唱え、盾を出現させると同時に精霊が姿を見せ、霧のようなものを吹きかけてきた。

「セゼルス、こいつ透明化する!」
「そうみたいね」

霧はオレの周囲を完全に覆った。霧は深く、視界がふさがれたため、霧の広がりの規模はわからない。盾のおかげで直撃は受けていないが、
もし霧の毒の効果があったら、それを吸い込むことになるのは時間の問題だ。
オレは防御用呪文を唱えて、全方位のバリアに切り替えつつ。右方向に走る。

キン!と金属音のような高い音が響く。どうやらセゼルスが精霊に何か剣のようなもので切りつけたかのような音だ。
んー?剣?
魔法じゃなくて?
ここ魔法使いの実技試験会場なんですけど。

霧の中を走り抜けて、部屋の様子がわかるようになった。
セゼルスが手に光の剣?のようなものを手にしている。ああいう魔法もあるのだな、と思っていたら、
精霊の姿が見当たらない。

セゼルスが霧の方向を注視して、光の剣を構えている。
すると、セゼルスが素早く剣を動かして、何かを払うような動きをすると同時に、
キン!キン!と2回高い音が響く。

よく見ると、かすかに透明化された精霊の身体の一部が鞭のようにしなってセゼルスを攻撃しているのがわかった。
それもかなりの速度だ。あんなのよく防御できるな。

「見てばかりいないで、攻撃して!」

怒られてしまった。飛翔の呪文を唱えて、天井付近まで飛んで上から見下ろし、攻撃呪文の詠唱を開始する。
精霊の姿は非常に見えにくいが、空中を上下してセゼルスの周りを時計回りに動きながら、
鞭のようにしなる体で攻撃している様子が見て取れた。セゼルスは光の剣で防御をしている。
と、セゼルスに向かって精霊が霧を勢いよく吹きかける。霧を吹きかけながらも精霊は鞭のようにしならせて
視界が霧に覆われたセゼルスを連続で攻撃すると、キキキキン!と高い音が鳴動する。
って、あの状態で防ぐのか。すげえなセゼルス。アレスよりよっぽど頼りになる。

呪文の詠唱を終えて、オレは精霊に対して攻撃をしかける。
さっきから見てると、どうも物理系魔法が得意な精霊に見えていたので、オレは精神干渉の魔法を選んだ。
精神干渉の内容は、威圧、だ。恐怖心を抱かせ、攻撃する意思を強制的に弱くさせる。
一度かかると、重ね掛けをすることが可能で、最終的には、服従させることができる。
ただ、精神魔法が得意な相手にこれをかけようとすると、そっくりそのまんま返されてえらい目に合うのだが。

精霊の動きが止まる。オレは重ね掛けの効果を狙って同じ呪文を詠唱し、再度、精霊に精神攻撃をかける。
手ごたえがある。部屋に広がった霧が弱まっていき。セゼルスの姿も見えるようになった。
セゼルスは光の剣を構えて、じっと精霊の方をにらんでいる。

「精霊よ。オレに従え。」

オレがそう口にすると、精霊は空中から床におり。動かなくなった。
サリーエルの方をオレは見た。

「う・・・む。終了だ。」

サリーエルがそう口にした。ジョージがオレのほうを見る。目に心なしか賞賛の色が浮かぶ。

「すごいね。攻撃力は下げたけど、それ以外は前回とほぼ同等の強さを持った精霊だったんだよ。」

オレはほっと一息ついた。
威圧の精神魔法は強力だが、それだけ疲労度も大きい。

「結果は、私とジョージで判定する。部屋に戻って、待機していなさい。」

「はい、わかりました。」

・・・

これで試験終了だ。たぶん良い結果が出せたのではないかと思った。
良い相棒を持つと戦いが楽だ。

「凄いなセゼルス。あの攻撃を防御の盾を使わずに、剣で捌くなんてな。」

「バリア張りっぱなしだと、魔力をただ消費するだけでしょ。迎え撃った方が楽なのよ。
 あと、光の剣の魔法だから、あれも魔法よ。魔法。」

「霧吹きかけられたら、さすがに見えなくないか?」

「見えなくてもわかるわよそんなの。なんとなく。」

「そういうものなのか。」

「そういうものなのよ。」

「自分の実技試験の時はどう戦ったんだ?」

「基本的には、飛翔で飛んで、光の剣出して、精霊の懐に飛び込んで攻撃。
 相手からの攻撃はかわすか、光の剣で撃ち落とす、という感じね。」

「それは魔法使いの戦い方なのか?」

「私は魔法剣士目指してるから。」

「そもそも光の剣はいるのか?」

「魔法の実技試験だからよ。ここに愛剣持ってきて振り回すわけにはいかないでしょ。」

「そりゃそうか。」

「それでも、私本来の戦い方はできてないんだけどね。」

「え、あれでか?」

「アルテはあんな戦い方はしない。」

あー、アルテな。あの高みを基準に考えてるんだろうな、この人は。

「ともかく、今日は助かった。ありがとうな。」

「どういたしまして。」

「お互い、試験受かるといいな。」

「そうね。じゃあ、また明日。」

オレたちは、お互いの部屋に戻った。

このページのトップへ

魔法使いの息子:第33話「サポート役の生徒」

次の日、ジョージは島にまだ残っている他の受験者達を部屋に集めた。

「すでに聞いているものもいるかもしれないが、実技試験中に事故があり、
 アレス君が命を落とした。」

部屋がざわめく。トレイも驚きを隠せない。

ジョージは受講生達にアレスが命を落としたときの状況の説明を行った。
召還された闇の精霊の攻撃を受けて倒れた後、即座に治療を受けたが、
呪いのようなものがかかっており、回復できずに命を落としたとのこと。
呪いについての原因は調査中で、闇の精霊を召還した教員に状況を聞き取り中だが、
詳しいことはまだわかっていない、とのこと。

「トレイ君の実技試験がそれにより中断された。
 アレス君の葬儀のことや、調査もあるので、現在の進行中の試験の中断の意見もあったのだが、
 最終的に続行することに決定された。
 ただ、葬儀の準備や調査と並行して進めていく必要があるため、日程に変更がある。」

ジョージが受験者達の実技試験がまだ終わっていないものの試験日程と、
合格発表の日程の話をする。

「今日は、トレイ君の実技試験のみ行う。
 ただ、トレイ君の相方が必要になるのだが、だれか、立候補はいないだろうか?」

「私やります」

「セゼルス君か。君はすでに実技試験を終えており、結果待ちの状況だと思うが、、、、、」

「構いません。手伝わせてください。」

「わかった。それでは、よろしく頼む。」

トレイがセゼルスの方を見る。クラスではほとんど話したことのない女子だが、一応知っている顔だ。
アルテの姪。何度か顔を合わせたことがあるものの、詳しくはしらない。
アルテから剣を学びつつも、魔法の適性があったため、アカデミーに入学、勝気な性格、その程度だ。

トレイがセゼルスに軽く会釈すると、セゼルスも会釈を返してくる。

ジョージが、トレイとセゼルスに向けて、実技試験の日時と場所を知らせる。

「トレイ君はこんな状況の中、大変だとは思うが、、、」

「いや、大丈夫です。戦いで人が命を落とすの、見慣れているので。」

「、、、、、そうか。」

トレイの発言で、もともと微妙な雰囲気だったのが、さらになんともいえない雰囲気になる。
トレイは思ったことをそのまま言っただけだったのだが、ちょっと失敗したかな、と少し後悔した。

「話としては以上だ。
 アレス君の葬儀に関しての連絡は、後で別途各自の部屋に連絡がいくと思う。
 解散してくれ。」

トレイが部屋に帰ろうとすると、セゼルスが声をかけてきた。

「よろしくね。」

「ああ、こちらこそよろしく頼む。でも、良かったのか?」

「何が?」

「実技試験もう終わってるんだろ?わざわざ手伝ってくれて、こっちは助かるけどな。」

「魔法で戦うのって、貴重な体験なんだよね。できるだけ経験しておきたいから。」

この女、戦闘ジャンキーだ。

「やっぱり剣の方が得意なのか?」

「そりゃあね。でも、師匠からはせっかく魔法が使えるのだから、そっちも鍛えておけって言われてるからね。
 こういう実践に近い経験が積める機会は貴重なのよ。」

「そうか。それならいいけどな。」

「じゃ、今日はよろしくね。」

セゼルスはさっさと自分の部屋に向かっていった。

実践では剣を封印して、魔法だけで戦うことになるだろうが、
アルテから剣を習っているなら、戦闘はうまいはず。

相方の腕前に少し期待したトレイだった。

このページのトップへ

魔法使いの息子:第32話「アレスの治療」

タロウに連れられて治療師のもとに、サリーエルとトレイが来ると、
アレスの体がベッドに横たえられていた。

「彼の様子はどうだね?治療できそうかね?」

サリーエルが聞くと、治療師が答える。

「やけどの方は大したことなさそうなのですが、回復魔法をかけても体力が戻りません。
 呪いのようなものがかかっているようです。急速に弱っていっています。」

「私にも見せてみなさい」

サリーエルが呪文を唱えて、アレスからの魔力の反応を見る。

「確かに呪いのようなものがかかっているね。詳しくは私にもわからないが、、、。」

「何があったのですか?」

治療師の隣にいた、別の職員がサリーエルに尋ねる。タロウと同じく助手の立場の様だった。

「実技試験だ。闇の精霊と戦ってもらったのだがね。
 精霊からの攻撃を受けてこうなったのだ。」

「召還したのは誰ですか?」

「タロウだ。」

全員の視線がタロウに集まる。

「え、、、。わ、、。」

「後で私の部屋に来なさい。詳しい話を聞かせてもらおう。」

「は、はい。わかりました。
 えと、アレス君は大丈夫なんでしょうか?」

「それは私が君に聞きたい。」

「え、えーーー。あの、、、」

「とにかく!私の部屋に来なさい!今すぐに」

サリーエルは足早に部屋を出ていくと、タロウがすぐについていく、
のかと思いきや、部屋の扉を出る前に立ち止まって、サリーエルに質問する。

「あ、あの!トレイ君の実技試験はどうしましょうか?
 こんな事態ですし、日を改めて、かつ、1人ではなく、2人で戦えるようにもう1人サポート役の生徒を選出して、
 実技試験のやり直しを実施してみては!」

「どうでもよいそんなことは。好きにしろ!」

「わ、わかりました。ジョージ!そういうことで話を進めておいてくれ!進め方は任せる!」

「わかったから、早く行けよタロウ。」

治療師の隣にいた助手はジョージというらしい。
タロウはサリーエルを追いかけて部屋を出ていった。

部屋に沈黙が訪れる。治療師はアレスと向き合って、治療のための呪文を色々と試しているが、
効果があまり出ていないのか、しきりに首を振っている。

他の治療師も部屋に来て、様々な呪文を書けて、容態を確認し始めたが進捗は思わしくないようだった。
治療師で部屋がごった返してきた。色々と治療師の間で議論がされているようだったが、
有効な対処方法が打てていないようだった。

しばらくして、ジョージと呼ばれた助手の男がトレイに声をかけた。

「君はもういいから、部屋で待機していなさい。
 実技試験のことは、私で段取りをとっておく。サリーエル先生とも相談しておくから。
 タロウはこの件で手を離せなくなるだろうから、私が助手として進めることになるだろう。」

「アレスは大丈夫なのでしょうか?」

「それは私にもわからない。
 タロウから有効な情報が出てくればよいのだがね。
 それがキモになってくるように私には思える。
 
 悪いことをするような男ではない。何か事故のようなもので、
 強力すぎる、あるいは、厄介な能力をもった精霊を間違って召還してしまったのかもしれない。
 
 そうだとしても、彼からの情報が必要だろう。
 君は心配しなくてよい。我々に任せてくれ。」

「わかりました。」

トレイは治療室を出て、部屋に戻ることにした。

ただ、部屋に戻って落ち着いたとき、少し違和感を感じた。
あの状態であれば、タロウは相当慌てただろうに、自分の実技試験を心配できる余裕がよく合ったものだと。

おそらく彼は責任をとらされることになる。
最悪の事態になったときのことを考えると、気が気ではないだろうに。

このページのトップへ

魔法使いの息子:第31話「追加試験」

翌日、追加試験のため、トレイとアレスはサリーエルの執務室に顔を出した。
心なしか、アレスの表情が暗い。

「サリーエル先生、おはようございます。」

「おはようございます。」

「2人ともおはよう。
 今日も昨日と同じく実技試験を行うが、精霊は前回よりも強力なものを新たに召還した。
 アレス、手加減はしなくていい。
 君の実力は昨日見せてもらったので、君の魔法の強度でも耐えれる精霊だよ。」

「は、はい・・・。」

「では、試験を行う部屋に移動するとしようか。
 2人とも体調は問題ないかね?」

「はい、大丈夫です。」

「大丈夫です。」

昨日と同じ部屋につくと、助手のタロウがすでに待機しており、
精霊が一体タロウの傍に浮かんでいた。
昨日と大きさは似たような精霊だったが、雰囲気が異なっていた。
暗い紫色をした球体で、時折、赤色の火花のようなものが
球面の表情を血液が流れるようにうごめいていた。
一言で言うと、不気味。なんというか、禍々しい雰囲気だった。

トレイは直感的に、アレはやばい、と思った。
魔力に満ち溢れていて、すぐにも強力な攻撃魔法がとんできそうな感じがあった。
試験開始と同時にでかいのがきて、一気にやられる可能性がある。
序盤は、即発動可能な防御魔法を唱えてガードと回避に専念しながら様子見。
初撃を凌いだあとは、何とかアレスと連携しないとなんともならないかな、、と考えた。

横目でアレスをちらっと見ると。
何か思いつめたような表情をアレスはしていた。
どこか心ここにあらず、といった様子。
おいおい、大丈夫かよ、、、、、と思いつつ、トレイはアレスに尋ねる。

「アレス。連携はどうする?」

「臨機応変。好きにしてくれ。」

明らかに危機感がない。目の前の精霊のやばさにアレスが気付いていない様子を見てとったトレイは、
負けを覚悟する。立ち回りでなんとか先生達にアピールするしかないか、などと考えた。

「それでは、準備はいいかな?」

サリーエルが2人に尋ねる。

「サリーエル先生、大丈夫です。始めてください。」

アレスがそう答え。トレイも軽くサリーエルに向かってうなずく。

「では、始め!」

掛け声と同時にアレスが飛翔の魔法を短くつぶやき、空中に飛び上がる。
トレイは短く防御用呪文を唱え、透明な魔力でできた盾を目の前に出現させ、精霊からの初撃に備える。
精霊の周囲から赤色の火花が一瞬強まったかと思うと、それが鞭のようにしなって、
アレスに襲い掛かる。

アレスは空中で鞭による打撃をぎりぎり回避。
よけながらアレスは空中で風魔法を素早く唱え、精霊に向かって風の刃を飛ばす。
と、ここで、精霊の姿が消えた。

「?」

トレイが素早く周囲を見渡しながら、短く別の防御用呪文を唱え、全方位のバリアを敷く、
と同時に、アレスの背後に精霊が突然出現する。

「アレス!後ろ!」

アレスが振り返るより早く、鞭がアレスを撃ち落とす。

「がはっ!」

アレスは鞭に打たれて地面に叩きつけられる。受け身なしでそれなりの高さから落とされたので、結構なダメージだ。

「アレス!」

トレイはアレスの元に走っていく。バリアを敷いている状態でアレスのもとに駆け寄り、アレスの盾となろうとするが、
アレスが地面に叩きつけられた直後に、精霊のいる方向から炎の球がアレスめがけて発射される。

「!」

トレイの目の前で、アレスに炎の球が着弾する。
ノーガードで炎の球をくらったわけだ。ただでは済まない。

「ギブアップです先生!試験の中断とアレスの治療を!」

「トレイ君どいて!」

タロウが駆け寄ってくる。
走りながら小声で呪文を唱えると、タロウの手に持った杖が青白く輝き、青の霧のようなものが杖を包む。
どこかで見たような光景。
タロウは杖をアレスに向けて、精霊を青い霧で包むと、アレスを包んでいた炎が消える。
衣服が黒焦げで大やけどを負ったアレスの姿が現れた。
その姿を見て、サリーエルが感情のこもらない声で静かにつぶやいた。

「おやおや。ずいぶん威力のある攻撃魔法が使えるとは思っていましたが、
 防御の方は、あまり得意ではなかったようですね。」

アレスの体はぴくぴくと痙攣していた。青白い炎はまだアレスの体を包んでいる。
回復効果のある魔法のようだった。
アレスはぎりぎり息はあるようだったが、非常に危ない状態なのが見て取れる。

「タロウ、アレスを急いで治療室へ連れて行ってくれ。」

「わかりました。」

「彼は強力な魔法使いだから、この程度のけがなら回復可能だろう。」

吐き捨てるようにサリーエルが言った。
タロウは魔法でアレスの体を持ち上げて空中に浮かべると、アレスを連れて急いで去っていった。
途中、タロウは地面に落ちていた何かを拾ってポケットに入れる。

トレイがふと精霊の方を見ると、鞭のようにしなっていた赤色の火花は消えていた。
あれは何だったのだろうか?
精霊が使う武器のようだったが、トレイも見たことのない攻撃だった。
アレスの体は痙攣していたことから、炎の球による追撃も大きかったが、
最初の鞭による攻撃の方が、アレスに深いダメージを与えていたようにトレイは感じた。

「トレイ君。君はギブアップといったけど、試験を辞退する、という意味かね?」

「い、いえ。アレスの状態が非常に危険に思えたので、とっさに口にしました。
 不合格で良い、という意味で言ったわけではないです。」

「そうか。では、このまま試験継続しても問題ないかね?」

んん? 何を言っているんだ、この人は?
トレイは、そんな場合ではないように思えた。
アレスの容態を何とも思っていないサリーエルに違和感を覚えた。

「えっと。アレスは大丈夫、なんですか、ね、、、。」

「さっきもいったが、彼なら問題ないのではないかな。タロウの応急処置も適切であったしな。
 君の方が問題ないなら、試験を再開したいのだが?」

この人問題感じてない。神経おかしい。これだから魔法使いは。
トレイは思考停止になりそうになりながら、なんとか質問に答えた。

「試験再開はちょっと待ってください。棄権する訳ではないのですが、
 アレスの容態を見に行きたいです。心配ですし。」

「アレスの事故のことを君が気に病むことはないよ。専門の治療師がいる。今君にできることは何もない。
 それより、合格を目指しているのであれば、試験を再開するべきだ。
 昨日のこともあり、試験の日程が押しているのでね?
 今から再開するか、それとも試験自体を棄権するか、今選んでくれ。」

めちゃくちゃだ。大したことのない事故、という扱いにしようとしている。
そして、いつのまにか究極の選択をさせられることになるようだった。

「えっと。あの、、、、」

「早く決めたまえ」

そのタイミングでどたどたと走ってくる音が聞こえてくる
ふとそちらの方をみると、タロウだった。

「サリーエル先生!
 アレス君のことなのですが、ちょっと急いできてもらってもいいですか!」

「なんだね、一体」

「アレス君の容態が急激に悪化しました。毒による攻撃を受けたことが影響しているようです。」

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ぶぶのん

Author:ぶぶのん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
第1章「契約」 (21)
第2章「孤島フィルズ」 (13)
登場人物 (1)
世界観 (4)
未分類 (0)
ひとりごと (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR