幻想のかけら

オリジナル小説を書いています。現在、「魔法使いの息子」というタイトルで掲載中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

魔法使いの息子:第36話「ズーノ教」

助手のタロウに呼び出され、トレイは試験会場に向かった。

「今回の助手は、タロウさんですか?」

「ああ、ちょっと、今回はロクでもないことが起きる気がしたからね。
 私がいた方がいいだろうなぁと思って。」

「ロクでもないこと、ですか?」

「うーん。トレイ君は今回の再々試験の実施についてどう思った?」

「またか、という感じですね。嫌われてるのかなって。
 不合格にしたいなら、そうすればいいのにって、ちょっと投げなりに思うところもあります。」

「そうねー。うーん、トレイ君ちょっと警戒した方がいいよ。
 君の同級生みたいにならないように。」

「事故、ですか?
 そういえば調査されてましたよね。あれ、どうなったんですか?」

「うーん。職員内の機密事項扱いでね。調査内容については言えないんだよー。
 私から言える限界は、トレイ君気をつけた方がいいよ、っていうところまでだね。」

「あの精霊召喚したのタロウさんでしょ?」

「そのあたりの細かいところが言えないところでね。」

「ふーん。」

「ときにトレイ君。ズーノ教って知ってるかい?」

「いや、知らないです。」

「神話に出てくる話の中に、ズーノって神様がいてね。神族の裏切り者として、結局はアプラウス様に消滅させられてしまう神様なのだけど、
 その神様を信仰する宗教があってね。もちろん正教会とも敵対関係。特にアプラウス教会の関係者とは最悪の仲だ。
 んで、どーも、君はその教徒から目をつけられているようなんだ。
 アプラウスの剣の中でも、まだ新米だから一番ちょろいと思われているようだね。
 力をつける前にその芽を摘み取ってしまおうと考えられているっぽいよ。」

「それが今回の実技試験と関係あるってことですか?」

「と、私だけが考えている。」

「え、他の職員の方は?」

「他の職員の方達はどうだろうね。少なくとも、私はそうであることを知っているが、
 私はこのことを他の職員には言っていない。
 そして、職員の中にズーノ教徒の関係者がいて、君の実技試験に介入してきている。
 気をつけて。」

「何でそんなことを知ってるんですか?」

「こないだ、その証拠を掴んだ。」

「こないだって?」

「事故のとき。」

「え!」

「この島には強力な結界があり、アプラウス様はこの島での出来事に基本的に介入できない。
 そこをズーノ教徒に狙われている。ただ、君にはアプラウス様以外にも援助者がいる。
 今回の戦いはギリギリなものになるだろうけど、その援助を君は一時的に受けることになるだろうね。」

「何だか、一気にいろんなことを詰め込まれすぎて、ちょっとついていけないんですけど・・・・。
 誰ですか、その援助者って。」

「君が生まれた時から、君を見守っている存在だよ。」

「怪しすぎて、もはやどこから突っ込んだらいいのかわからないレベルですね。」

「嘘は言ってないよ。
 私から言えることは、君は生き残りさえすれば、試験に合格する。
 君が今回の実技試験で取るべき戦略は、命を大事に、だよ。」

「その辺りは、身にしみていますよ。
 父とアルテの背中を、ずっと見てきましたから。」

「余計なアドバイスだったかねぇ。」

試験会場につくと、ジョージに連れられて、そこにはセゼルスがすでにきていた。

「全員揃ったようだね。では、試験を開始しようか。」

サリーエルがそう宣言した。

スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ぶぶのん

Author:ぶぶのん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
第1章「契約」 (21)
第2章「孤島フィルズ」 (15)
登場人物 (1)
世界観 (4)
未分類 (0)
ひとりごと (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。